≪ 前ページ * main * 次ページ ≫

様々な楽器を演奏してみよう!

みなさんは、どれくらいの楽器を演奏しているのでしょうか?
私は、世界中にある楽器を弾いてみたいと考えています。
様々な楽器を演奏できるとよいこととは…?

まずは、他のパートの気持ちを考えられるようになります。
ドラマーがボーカルにチャレンジしてみると、
あぁ、ドラムがうるさすぎると、ボーカリストはこんなに歌いづらいのだな
というものがわかります。

次に、色々な人とセッションをしやすくなります。
オープンマイクのイベントにいくと、みなさんそれぞれ違った楽器を
演奏します。その人にあわせて、自分も楽器を選び、コラボレー ションをすれば
ほとんどの人とセッションすることができます。

ジミ・ヘンドリックスが、ギタリストのエリック・クラプトンに
「ベースを弾くといい」といい、クラプトンが怒った話がありますが、
ヘンドリックスが、なぜ、ベースを弾けといったかというと、クラプトンが
ギターに向いてないという理由ではなく、ベースを弾くと、リズム感がよくなるかららしいです。

ジミー・ペイジが、バイオリンの弓でギターを演奏するのは有名ですが
他の楽器の演奏方法を、取り入れられるというのも、様々な楽器を演奏する上で
よいことだと思います。
あとは、ドラマーが足を怪我したときに、手はつかえるので、ギターで参加など、
アクシデントにも対応しやすくなると思 います。

ポール・マッカートニーが、ライブ中に、ピアノ、ベース、ギターと、弾き語りの種類を
どんどん変えていくのを見ると、ステージにメリハリがでてよいな、と思います。

2015/4/2 ヌミャーン
スポンサーサイト

AC

This template is made by hacca*days.
copyright © 2017 ヌミャーン all rights reserved.